京都の梅人気ランキング(全29件)

«  1  2  3  »  

標準の並び順に変更

北野天満宮の梅

11位:北野天満宮

(西陣 / お寺・神社、史跡・旧跡)

【見頃】2月下旬~3月中旬

947年に創建された学問の神様・菅原道真を祀る神社。学業成就のご利益で全国的に有名な神社で、受験生を中心に多くの人が合格祈願に訪れる。京都随一の梅の名所でもある。

車折神社

12位:車折神社

(嵐山・嵯峨野 / お寺・神社)

【見頃】3月中旬~3月下旬

平安時代の学者・清原頼業を祀る神社。学業成就や良縁、金運のご利益を授かれるほか、浄化のパワースポット「清めの社」や、多くの芸能人が訪れる「芸能神社」があることで有名。

雲龍院

13位:雲龍院

(伏見稲荷・東福寺周辺 / お寺・神社、庭園、体験)

【見頃】3月上旬~3月下旬

1372年に後光厳天皇の勅願により創建された泉涌寺の別院。現存する日本最古の写経道場として知られ、後水尾天皇寄進の机で写経体験ができる。悟りの窓などから望む庭園風景も見所。

隨心院の梅

14位:隨心院

(醍醐 / お寺・神社、史跡・旧跡、庭園、体験)

【見頃】3月中旬~3月下旬

991年に創建された真言宗善通寺派の大本山小野小町ゆかりの寺として知られ、小野小町が使ったとされる井戸や、恋文を供養した文塚などが残っている。京都有数の梅の名所でもある。

くろ谷 金戒光明寺

15位:くろ谷 金戒光明寺

(岡崎・銀閣寺周辺 / お寺・神社)

【見頃】3月中旬~3月下旬

1175年に創建された浄土宗の大本山。幕末には、京都守護職に就任した会津藩主・松平容保の本陣が置かれ、会津藩預かりの「新選組」ゆかりの地としても知られている。

興正寺

16位:興正寺

(京都駅周辺 / お寺・神社)

【見頃】2月下旬~3月上旬

1212年頃に創建された真宗興正派の本山。境内には三門や阿弥陀堂など堂々たる規模の伽藍が並び、紅白2本の梅や堀川通り沿いのツツジが美しいことで知られる。

宝が池公園

17位:宝が池公園

(上賀茂・下鴨 / 公園)

【見頃】2月下旬~3月上旬

京都市最大の自然公園。宝が池を中心とした広大な園内では、四季折々の自然に触れることができる。遊歩道や芝生は丁寧に整備されており、散歩やピクニックをするにはおすすめのスポット。

大豊神社

18位:大豊神社

(岡崎・銀閣寺周辺 / お寺・神社)

【見頃】3月上旬~3月中旬

宇多天皇の病気平癒祈願のために、医薬の神である少彦名命を祭神として建てた神社。境内末社の大国社は、日本神話に因んだ狛犬ならぬ狛が鎮座することでも有名。

梅宮大社の梅

19位:梅宮大社

(桂離宮・鈴虫寺周辺 / お寺・神社)

【見頃】3月上旬~3月中旬

奈良時代の創建と伝わる古社。子宝・安産や酒造の神として信仰され、またぐと子を授かると伝わる霊石がある。梅やツツジ、ハナショウブなどの四季折々の花が咲くことでも知られている。

東寺

20位:東寺

(京都駅周辺 / お寺・神社、史跡・旧跡)

【見頃】3月中旬~3月下旬

796年に創建された東寺真言宗の総本山。境内には京都のシンボル・五重塔をはじめとする国宝80点、重要文化財2万点が収蔵されており、国宝指定の仏像はほとんどが常時拝観できる。

«  1  2  3  »  

アクアディーナ公式アプリ

京都観光地図アプリ

京都観光地図

現在地周辺の観光スポットやグルメ、お土産を検索できる地図アプリ

京都の見頃の花

ツバキ

ツバキ

2月上旬~4月中旬

梅

2月下旬~3月下旬

旅行関連サイト

京都の季節の花特集

梅

桜