Photo by trane37 - TripAdvisor

補陀洛寺

ふだらくじ

補陀洛寺

(大町・材木座)

貴重な彫像が残されている竜巻寺

補陀洛寺は、1181年に源頼朝によって祈願所として創建されたのが始まりの寺。開山は、頼朝と親交が深かったとされる文覚。かつては七堂伽藍が立ち並ぶ大きな寺院だったが、度重なる竜巻や火災に襲われ、「竜巻寺」とも呼ばれるようになった。現在は本堂と庫裏のみしか残っておらず、寺の歴史などは不明なことが多い。本堂内には貴重な彫像が多く安置され、事前に予約をすれば見ることができる。文覚が書いたとされる頼朝の位牌や、頼朝が自ら作ったという源頼朝像、平家滅亡の際に総大将だった平宗盛が最後まで持っていたという「平家の赤旗」などが残されている。現在東慶寺にある梵鐘も、元々は補陀洛寺のものだったといわれている。

◆◆Attention◆◆

・彫像の拝観は要予約。
・「平家の赤旗」は普段見ることが出来ないが、毎年4月に行われる「鎌倉まつり」の期間内に特別公開される。

補陀洛寺の主な見所

おいちゃん - fo…

補陀洛寺の本堂

本堂

貴重な仏像が安置されている堂

現在残されている本堂は、度重なる災害に耐えてきたが1923年の関東大震災で全壊したため、その翌年に再建されたもの。内部には貴重な仏像などが安置されており、事前に予約をすれば拝観することができる。本尊の十一面観音菩薩は、鎌倉三十三観音霊場巡りの第17番とされている。そのほかにも、不動明王薬師如来開山である文覚が自ら彫ったという文覚上人裸形像などが祀られている。

補陀洛寺の季節の花の見頃

8月上旬~9月上旬

補陀洛寺のサルスベリ

サルスベリ

本堂の前にあるサルスベリの木は、樹齢150年以上にもなるという古木である。夏になるとピンクの花が次々と咲き、長い間楽しむこと出来る。

補陀洛寺の基本情報

アクセスJR鎌倉駅東口からバスで「鎌40・41 小坪 逗子駅」行き乗車約8分、「材木座」下車徒歩3分
住所〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座6-7-31
地図
大きな地図を見る  周辺のスポットを探す
電話番号0467-22-8559
定休日▼ 無休
拝観時間9:00~17:00
拝観料無料(彫像の拝観は志納)
所要時間(目安)5分程度
クレジットカード
駐車場なし
ホームページ
備考

アクアディーナ公式アプリ

鎌倉観光地図アプリ

鎌倉観光地図

現在地周辺の観光スポットやグルメ、お土産を検索できる地図アプリ

大町・材木座のスポットランキング

光明寺

1位:光明寺

お寺・神社、庭園、体験、精進料理

妙本寺

2位:妙本寺

お寺・神社、体験

上行寺

3位:上行寺

お寺・神社

安国論寺

4位:安国論寺

お寺・神社

安養院

5位:安養院

お寺・神社

旅行関連サイト

補陀洛寺の周辺スポット

もんざ丸 前田水産

もんざ丸 前田水産

大町・材木座 / 特産品

亀時間

亀時間

大町・材木座 / 喫茶・カフェ

九品寺

九品寺

大町・材木座 / お寺・神社

梵蔵 自家挽工房

梵蔵 自家挽工房

大町・材木座 / 蕎麦・うどん