Photo by houroumono - flickr

東慶寺

とうけいじ

東慶寺

(北鎌倉)

四季折々の花が境内を彩る花寺

東慶寺は、1285年創建の臨済宗の禅寺。四季折々の花が境内を彩る花寺であり、中でも初夏を彩るイワガラミやハナショウブ、梅の名所として知られる。シーズンには茶席や特別公開なども行われ、通常非公開の本堂裏から花を眺めることも。また、「鎌倉一の美女」と呼ばれる水月観音菩薩半跏像や松ヶ岡宝蔵の様々な寺宝も見所。

高い格式を誇った女性救済の縁切り寺

東慶寺は、覚山尼開山として建てられた尼寺が起源。第5世住職に後醍醐天皇の皇女・用堂尼が入寺すると「松岡御所」と称され、鎌倉尼五山第二位という高い格式を誇った。女性から離婚ができなかった江戸時代、『東慶寺で一定期間修行をすると離縁できる』という法律があったため、1902年に法律が廃止されるまで「縁切り寺」として多くの女性を救ってきた。1902年以降は、男僧が住職を務める禅寺として現在まで続いている。

東慶寺の主な見所

境内地図

東慶寺の山門

山門

女性救済の駆け込み寺への入り口

茅葺屋根が尼寺らしい雰囲気を醸し出す山門。駆け込み寺として女性から支持されていた江戸時代には、『妻がこの門をくぐってしまうと例え夫でも中には入れて貰えなかった』といわれている。花寺と呼ばれる東慶寺に相応しく、ウメやアジサイなど周囲を様々な花が彩る。

東慶寺の梵鐘

梵鐘

鎌倉時代から伝わる鐘

物部光連によって1350年に寿造された梵鐘。元々は材木座にある補陀洛寺梵鐘だったが、度々災害に見舞われて再建の目途が立たなかった頃に、東慶寺に移設されたとされる。また、東慶寺に元々あった梵鐘は静岡県・本立寺に移設されて現存している。大きさは総高143cm、直径77.1cm。鐘楼の天井には東慶寺の男僧第三世住職・禅忠によって描かれた龍の絵があり、色褪せてはいるものの躍動感に満ち溢れている。

東慶寺の本堂「泰平殿」

本堂「泰平殿」

左右対称の屋根が美しい仏堂

鎌倉尼五山第一位であった大平寺(廃寺)の木造聖観音菩薩立像を安置するために建立された堂。現在は本尊の釈迦如来坐像を祀る仏堂となっており、聖観音菩薩立像は松ヶ岡宝蔵で公開されている。現在の堂は1935年に再建されたもので、宝形造で造られた反った形の屋根が美しい。再建前の旧本堂(重文)は、横浜市の三溪園に移築されている。

東慶寺の水月観音菩薩半跏像

水月観音菩薩半跏像

鎌倉一の美女と呼ばれる観音像

水月堂に安置される観音像で、『岩にもたれてくつろぎながら、水面に映った月を静かに眺めている』という姿から、水月観音菩薩と呼ばれるようになったと伝わる。像高34cmと小さな像ではあるが、髪の結いや体のラインなどが女性的な美しさを感じさせ「鎌倉一の美女」と呼ばれている。
なお、水月堂の拝観には事前予約、別途300円が必要(詳細)。

Ktmchi - W…

東慶寺の松ヶ岡宝蔵

松ヶ岡宝蔵

多くの文化財を収蔵する宝物館

東慶寺に伝わる寺宝を展示している宝物館。木造聖観音菩薩立像をはじめ、桃山時代のキリスト教の器「葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱」など(共に重文)が展示されている。寺法書や呼び出し状、駈け込みの実例を記録した松ヶ岡日記なども収蔵されており、およそ300年続いた縁切り寺としての歴史を知ることができる。
(拝観料別途500円)

東慶寺の季節の花の見頃

3月上旬~3月中旬

東慶寺の梅

境内を彩る梅の木はおよそ130本と、その数の多さは鎌倉随一。色だけでなく形や大きさの異なる様々な種類を楽しむことができる。

Photo by Let's Go D…

3月下旬~4月上旬

東慶寺の桜

境内に4本植わっているシダレザクラの中でも特に本堂前の木は、地面に付くほど優美に枝を垂らす。鐘楼脇では八重桜とウコン桜も咲いている。

Photo by yoji_inoue…

6月上旬~6月中旬

東慶寺のハナショウブ

ハナショウブ

紫や白の花がショウブ畑を埋め尽くす光景は見事。最盛期には、ハナショウブを観賞するための茶席も設けられる。

Photo by nako - fou…

6月上旬~6月中旬

東慶寺のイワガラミ

イワガラミ

一本の木が岩にからみつき、本堂裏の岩肌を覆うように花を咲かせる。毎年見頃には特別拝観が行われている。

Photo by Ktmchi - W…

6月上旬~6月下旬

東慶寺のイワタバコ

イワタバコ

イワガラミと同じ時季に見頃を迎える。墓苑に向かう岩肌を覆うように咲く薄紫色の小さな花が可愛らしい。

Photo by Ktmchi - W…

6月上旬~6月下旬

東慶寺のアジサイ

アジサイ

境内と、山門へ通ずる石段の両脇に植わっている。紅額アジサイや黒姫アジサイ、柏葉アジサイなど様々な種類のアジサイが見ることができる。

Photo by Rinorinon …

6月下旬~8月下旬

東慶寺のキキョウ

キキョウ

紫と白の2色の花があり、紫の花が咲き終わる頃に白い花が咲き始める。風情を感じさせる花は、見る人に安らぎを与える。

9月中旬~10月下旬

東慶寺のコスモス

コスモス

松ヶ岡宝蔵の前に群生している。最盛期には可愛らしいピンクと白の2色の花を咲かせ、見た人に秋の訪れを感じさせる。

Photo by pedromcarr…

11月下旬~12月上旬

東慶寺の紅葉

紅葉

規模は小さいが、カエデの色鮮やかな紅葉が山門や鐘楼、本堂などで見られる。松ヶ岡宝蔵近くのイチョウの黄葉も見事。

Photo by boo太郎 - Tr…

1月中旬~3月上旬

東慶寺のスイセン

スイセン

一般的によく見られる白いスイセンとともに、黄色い花をつけるラッパスイセンや、八重咲きのスイセンなどを同時に楽しむことができる。

東慶寺の梅の最新ツイート(見頃の参考情報)

2019/02/20 18:43

@popokana444

今日は午後から北鎌倉の東慶寺へ! 江戸物時代小説に登場する、縁切寺。 はまだまだこれからですね。 お墓がある割には落ち着くエネルギーで、私的には、明月院も良いですが、ここも好きです(詳細

2019/02/20 00:03

@sfXNu9gpuIpY0x1

北鎌倉にある四季折々の花が咲く東慶寺。手入れが行き届いた境内では、まもなく見頃を迎えるもあります。黒塀をバックに木瓜、マンサクの花も見事です。2月18日撮影 https://t.co/3nj3DsiVJX(詳細

2019/02/19 00:06

@s_kurumi_pan

今日は、本当にぽかぽかで 気持ち良かった❤ #東慶寺 #北鎌倉 # https://t.co/aCpBmU5Gkj(詳細

2019/02/19 00:00

@s_kurumi_pan

お気に入りのお寺。 東慶寺さんへ。 と言えば〜鎌倉では、 東慶寺か? 荏柄天神社か? 瑞泉寺かな? #東慶寺 #北鎌倉 # https://t.co/qlCGiEg96Z(詳細

2019/02/18 19:08

@tycoon_orient

Japanese Apricot blossoms herald the arrival of Spring! 春の訪れを告げるの花! #東慶寺 #鎌倉 #湘南 # #もうすぐ春 #鎌倉散歩 #湘南ハッピー… https://t.co/51rifJNPAy(詳細

2019/02/17 21:06

@kitajimanatsumi

今日は母と鎌倉へ。 白、蝋、紅、どれもかわいかったです。空気がいいね。 気持ち良かったです。 今回の廻ったのは東慶寺、浄智寺、大功寺、妙本寺、常永寺、安国論寺、妙法寺。 お昼は歩いている途中で見つけたイタリアンで。 #鎌倉… https://t.co/Hf9WBYK9Gj(詳細

2019/02/17 19:53

@hoi_sachi

今日の、好きな花もう1つあるよ、ピンクの、の花は、東慶寺のです。(✿´ ꒳ ` )ノ♡白いさくら草は、ガーデンテラスから降りて来たら左に、咲いてました。クリスマスローズは、他にも有りましたが、下に向いてる何とか撮れたのが、嬉しか… https://t.co/39AzEkdj1D(詳細

2019/02/17 16:30

@hoi_sachi

東慶寺の10月桜とまだ、ほんの少しでした。満開は、いつかしらね! https://t.co/viDcQSuWdk(詳細

2019/02/17 10:49

@nugoo_kamakura

【nugoo若宮大路店】 本日の額 『東慶寺の開花情報があちこちから聞こえて来ます。 満開になるタイミングは場所によって異なりますので、各所お見逃しなく。 web 東慶寺… https://t.co/Vtc8Bn8qE6(詳細

2019/02/16 14:42

@assamteacafe

早い観 ー まったり 場所: 松岡山 東慶寺 https://t.co/33QPKNnnlj(詳細

東慶寺のスイセンの最新ツイート(見頃の参考情報)

2019/02/13 17:08

@shimamumin

今日は早春の北鎌倉へ。円覚寺から北鎌倉の街を歩き。東慶寺へ。梅の最盛期には境内は梅の花で覆われ。花霞の様に美しくなります。まだまだそれには早いものの白梅がチラホラ咲き始め。クリスマスローズや水仙や木瓜の花等が咲き。優しい早春の花で… https://t.co/nCYj5yr0MT(詳細

2019/02/12 19:00

@MZ_80K2

@MZ_80K2 2019/02/07 #東慶寺 ペーパーホワイト(水仙) 東慶寺境内 https://t.co/HlG6ca8bdF(詳細

2019/02/12 18:43

@MZ_80K2

@MZ_80K2 2019/02/07 #東慶寺 ペーパーホワイトという水仙。和名は無いのかしらん。ペーパーホワイトってネーミング、微妙にイマイチっぽくないっすかー? https://t.co/I0rKdVEr2V(詳細

東慶寺のピックアップポイント

坐禅・写経体験

心を鎮めてスッキリとした気分になる

作法や心得について丁寧に教えてくれるため、初めての人でも安心して体験することができる。

【早朝坐禅会】
開催日時:毎月第4日曜日7:00~8:00
参加費:1,000円
詳細:公式HP

【日曜坐禅会】
開催日時:毎月第2・第4日曜日15:00~16:00
※2回目以降または早朝坐禅会経験者は16:15~17:00
参加費:500円
詳細:公式HP

【写経体験】
開催日時:毎月第2土曜日・第2日曜日8:00~10:00
参加費:2,000円(筆は持参、もしくは500円で別途購入)
※予約制(20名)
詳細:公式HP

東慶寺の坐禅・写経体験

Photo by 東慶寺

茶道・香道・挿し花体験

楽しみながら作法を学ぶ

茶の作法を学ぶ「茶道」、香木の香りを楽しむ「香道」、花の生け方を学べる「挿し花」などが気軽に楽しめる。

【茶道体験】
開催日時:毎月第2土曜日11:00~12:00
参加費:3,000円 ※予約制(15名)
詳細:公式HP

香道体験】
開催日時:毎月第2日曜日13:00~14:30
参加費:4,000円 ※予約制(15名)
詳細:公式HP

【挿し花体験】
開催日時:偶数月・第4土曜日11:00~13:00
参加費:3,000円 ※予約制(10名)
詳細:公式HP

東慶寺の茶道・香道・挿し花体験

イワガラミ特別公開

岩肌に咲く爽やかな白い花

普段は入れない本堂の裏へ入って、岩肌に咲き誇るイワガラミを観賞できる。シーズンには長蛇の列が出来るため、なるべく平日の午前中に訪れるのがおすすめ。

日程:6月上旬~2週間程度
時間:平日11:00~12:00、13:00~14:00 土日9:00~10:00
詳細:公式HP

東慶寺のイワガラミ特別公開

東慶寺の基本情報

アクセスJR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩3分
住所〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内1367
地図 境内地図を見る  大きな地図を見る  周辺のスポットを探す
電話番号0467-33-5100 (info@tokeiji.com
定休日▼ 無休 ※松ヶ岡宝蔵のみ月曜日(祝日の場合は開館)
拝観時間【境内】8:30~17:00(11~2月は16:00まで)
【松ヶ岡宝蔵】9:30~15:30
【水月堂】 ※事前予約制
(平日)9:30、10:00、14:30、15:00
(土・日・祝日)9:00、9:30
拝観料【境内】大人200円、小・中学生100円
【松ヶ岡宝蔵】特別展500円、常設展400円 ※小・中学生は一律200円
【水月堂】300円
所要時間(目安)30分程度
予約
クレジットカード
駐車場なし
ホームページ東慶寺公式HP
東慶寺(Wikipedia)
東慶寺(境内地図)
備考

アクアディーナ公式アプリ

鎌倉観光地図アプリ

鎌倉観光地図

現在地周辺の観光スポットやグルメ、お土産を検索できる地図アプリ

北鎌倉のスポットランキング

円覚寺

1位:円覚寺

お寺・神社、庭園、体験

明月院

2位:明月院

お寺・神社、庭園

建長寺

3位:建長寺

お寺・神社、庭園、体験

浄智寺

4位:浄智寺

お寺・神社

東慶寺

5位:東慶寺

お寺・神社、体験

旅行関連サイト

東慶寺の周辺スポット

喫茶吉野

喫茶吉野

北鎌倉 / 喫茶・カフェ

Takeru_Quindici

Takeru_Quindici

北鎌倉 / イタリアン,パスタ,ピザ

喫茶ミンカ

喫茶ミンカ

北鎌倉 / パスタ,喫茶・カフェ

雪堂美術館

雪堂美術館

北鎌倉 / 美術館・博物館