Photo by Just-Julie-Cairns - TripA…

乃木神社

のぎじんじゃ

乃木神社

(伏見)

明治天皇の傍らで祀られる乃木希典大将

乃木神社は、1916年に創建された乃木希典と妻・乃木静子を祀る神社。乃木希典は、日露戦争での活躍やその人徳から国民的英雄となった人物で、明治天皇崩御された際、夫人と共に殉死したことでも知られている。乃木神社は全国に複数建てられているが、この乃木神社は、殉死に強い衝撃と感銘を受けた実業家・村野山人らによって、明治天皇が眠る伏見桃山陵の麓に建てられた。境内には乃木希典ゆかりの見所が数多くあり、中でも遺品など百数十点を展示する宝物館や、日露戦争で使われた司令部を移築した記念館は必見。また、乃木希典が好んで食べた勝栗に因んだ栗の御守りや絵馬など、ユニークな授与品もある。

乃木神社の主な見所

乃木神社の神門

神門

巨大ながらも簡素な造り

境内の入口にそびえ立つ大門。樹齢3000年の台湾檜を使って建てられており、扉の内側は180cmの一枚板でできている。これらの木材は、乃木希典台湾総督を務めていたことが縁となって使われたもので、拝殿や本殿にも使われている。また、通常このような門にはさまざまな装飾が施されているものだが、質素倹約を旨とした乃木希典の生き方を表すために、簡素な造りになっている。

乃木神社の拝殿

拝殿

社殿を守るように鎮座する愛馬

本殿の前に建つ社殿。神門と同様に天井や欄間などに装飾はなく、重厚かつ素朴な造りとなっている。正面には、後藤貞行が奉納した絵馬が掲げられており、乃木希典の愛馬が駆け巡る姿が彫られている。また、拝殿の前には、乃木希典の愛馬であり、ロシアのステッセル将軍から贈られた白馬・壽号とその子馬・璞号の銅像が鎮座している。

乃木神社の記念館

記念館

司令部に使われた南満州の民家

日露戦争の際、乃木希典が第三軍司令部として使用していた建物。旅順攻略の指揮を取るために約1年間起居していた民家で、神社建立の際に村野山人が現地に行き、家主から建物を買い上げて移築した。内部は展示館となっており、乃木希典の寝室などが当時のまま残されている。
また、境内には乃木希典が幼少時代を過ごした長府の家を復元した長府旧邸もある。

乃木神社の山城ゑびす神社

山城ゑびす神社

静子夫人を祀るための社が起源

1919年に建立された恵比寿神を祀る境内摂社。乃木神社の創建当時は乃木希典一柱しか祀ることが許可されなかったため、乃木静子を祀るための「靜魂神社」として建立された。その後、恵比須神を首座とする七福神が合祀されて「靜魂七福社」となり、乃木神社創建90周年の2006年に、乃木静子御霊を本殿に遷して「山城ゑびす神社」となった。

乃木神社の勝水

勝水

霊験あらたかな勝運の縁起水

拝殿の前に湧き出る水。名水と名高い伏見の水脈から取水されており、飲用をはじめ、病気平癒や元気回復、勝運などのご利益があるとされる。周辺開発により長らく枯渇していたが、2006年に掘削を試みたところ再び湧き出した。また、勝水の隣には乃木希典の大好物だった縁起物の「勝栗」に因んだ「全てに勝ちま栗の祠」が建てられており、勝水が復活した日に参拝した人によって寄進された。

乃木神社の季節の花の見頃

3月下旬~4月上旬

乃木神社の桜

広々とした境内の所々でソメイヨシノが花を咲かせる。人も少なくゆっくりと楽しめる穴場のひとつ。

乃木神社のピックアップポイント

宝物館

乃木希典ゆかりの品々を展示

乃木希典の遺品など百数十点を収納・展示している蔵造りの施設。直筆の書をはじめ、軍服や刀から、日露戦争で戦死した遺族に宛てた手紙、入れ歯などの日用品まで、さまざまな品が展示されている。また、ゆかりの人物からの奉納品や、明治天皇崩御の後に殉死したことを伝える新聞や雑誌などもある。

入館料:大人100円、中・高・大学生100円、小学生50円
詳細:公式HP

乃木神社の宝物館

勝ちま栗御守・勝栗絵馬

乃木希典も好んで食べた勝栗

出陣や勝利の祝いに縁起物として使われてきた「勝栗」に因んだ御守りと絵馬。絵馬の「○○に勝つ」の部分には、人生・自分・勝負・病気・試験などの祈願を書いて奉納する。

授与料:500円
詳細:公式HP

乃木神社の勝ちま栗御守・勝栗絵馬

伏見五福巡り

5寺社を巡ってご利益を授かる

初詣を兼ねて、乃木神社(学業)をはじめ、長建寺(商売繁盛)、藤森神社(勝運)、大黒寺(金運)、御香宮神社(安産)を巡り、御朱印を集める行事。その年の干支が描かれた色紙を好きな寺社で受け取り、期間内に御朱印を集めると先着2,000名まで「干支の土鈴」を授かれる。色紙の枚数も限られているため、早めに訪れるのが望ましい。

日程:1月1日~15日
授与料:各寺社朱印代300円 ※最初の色紙授与時は1,000円

乃木神社の伏見五福巡り

乃木神社の基本情報

アクセスJR奈良線「桃山駅」から徒歩8分
近鉄京都線「桃山御陵前駅」から徒歩15分
京阪電気鉄道京阪本線「伏見桃山駅」から徒歩18分
住所〒612-8028 京都府京都市伏見区桃山町板倉周防32-2
地図
大きな地図を見る  周辺のスポットを探す
電話番号075-601-5472
定休日▼ 無休
拝観時間【境内】自由
【社務所】9:00~17:00頃
拝観料【境内】無料
【宝物館】大人100円、中・高・大学生100円、小学生50円
【内苑】大人100円、小学生50円
所要時間(目安)20分程度
クレジットカード
駐車場あり(5台 ※20分以内無料、それ以降は15分100円を志納)
ホームページ乃木神社公式HP
乃木神社(Wikipedia)
備考

アクアディーナ公式アプリ

京都観光地図アプリ

京都観光地図

現在地周辺の観光スポットやグルメ、お土産を検索できる地図アプリ

伏見のスポットランキング

城南宮

1位:城南宮

お寺・神社、庭園

御香宮神社

3位:御香宮神社

お寺・神社、庭園

藤森神社

4位:藤森神社

お寺・神社

月の蔵人

5位:月の蔵人

豆腐・湯葉、居酒屋

旅行関連サイト

乃木神社の周辺スポット

伏見桃山城

伏見桃山城

伏見 / 城

桃山餅

桃山餅

伏見 / スイーツ,和菓子

伏見桃山陵

伏見桃山陵

伏見 / その他

酒房わかば

酒房わかば

伏見 / 寿司,居酒屋