醍醐の紅葉一覧(全7件)

ランキング順に並べ替える

醍醐寺

醍醐寺

(醍醐 / お寺・神社、史跡・旧跡、庭園)

【見頃】11月中旬~12月上旬

874年に創建された真言宗醍醐派の総本山豊臣秀吉の「醍醐の花見」で知られる京都随一の桜の名所で、シダレザクラの巨木をはじめ、約800本の桜が境内を春色に染め上げる。

勧修寺

勧修寺

(醍醐 / お寺・神社、庭園)

【見頃】11月中旬~11月下旬

春から夏にかけて多彩な花が咲き乱れる花の名所。中でもスイレンとハスの名所として知られており、桜と紅葉を静かに楽しめる穴場にもなっている。

隨心院

隨心院

(醍醐 / お寺・神社、史跡・旧跡、庭園、体験)

【見頃】11月中旬~11月下旬

991年に創建された真言宗善通寺派の大本山小野小町ゆかりの寺として知られ、小野小町が使ったとされる井戸や、恋文を供養した文塚などが残っている。京都有数の梅の名所でもある。

毘沙門堂の紅葉

毘沙門堂

(醍醐 / お寺・神社、庭園)

【見頃】11月下旬~12月上旬

703年に創建された天台宗の門跡寺院。桜と紅葉の名所として知られており、特に勅使門へと続く参道の散り紅葉が有名。だまし絵の「動く絵」やどこから見ても目が合う「天井龍」も見所。

岩屋寺

岩屋寺

(醍醐 / お寺・神社)

【見頃】11月下旬~12月上旬

忠臣蔵で有名な大石内蔵助ゆかりの寺院。内蔵助が隠棲した地として知られており、ゆかりのものが数多く残されている。見事なシダレザクラや風情ある紅葉が楽しめる穴場でもある。

双林院(山科聖天)

双林院(山科聖天)

(醍醐 / お寺・神社)

【見頃】11月下旬~12月上旬

1665年に創建された毘沙門堂の塔頭寺院。毘沙門堂と同様に風情ある散り紅葉を楽しめる穴場となっている。比叡山焼き討ちで損傷した仏像の部材で造られた珍しい不動明王像も見所。

山科疏水

山科疏水

(醍醐 / 散策路)

【見頃】11月下旬~12月上旬

琵琶湖から京都市内に水を引くために造られた琵琶湖疎水の一部。疎水沿いは、緑豊かな散策路として整備され、約660本の桜が咲き誇る名所として知られている。

アクアディーナ公式アプリ

京都観光地図アプリ

京都観光地図

現在地周辺の観光スポットやグルメ、お土産を検索できる地図アプリ

京都の見頃の花

クリンソウ

クリンソウ

5月中旬~5月下旬

キショウブ

キショウブ

5月中旬~6月中旬

バラ

バラ

5月中旬~6月下旬

サツキ

サツキ

5月下旬~6月上旬

スイレン

スイレン

5月中旬~8月下旬

旅行関連サイト

京都の季節の花特集

桜

梅