Photo by zaitu0618- Instagram

来迎院

らいごういん

来迎院

(伏見稲荷・東福寺周辺)

大石内蔵助が密談を重ねた茶室が残る

来迎院は、忠臣蔵で有名な大石内蔵助ゆかりの寺院。当時の住職は大石内蔵助の親族で、境内には大石内蔵助が建立し、元赤穂藩の家臣達と討ち入りの密談をしたと伝わる茶室・含翠軒が残されている。また、安産のご利益があるとされる荒神堂や、病気平癒の霊水・独鈷水など空海ゆかりのスポットもあり、境内が鮮やかな紅葉で染まる穴場的な名所でもある。

空海ゆかりの宝殿が起源

来迎院は、806年に創建された泉涌寺塔頭寺院。空海が唐で感得した三宝大荒神像を宝殿を建てて祀ったのが始まりとされ、その400年後に泉涌寺の長老・月翁藤原信房帰依を受けて伽藍を建立し、泉涌寺の塔頭となった。その後、応仁の乱伽藍は焼失するも、前田利家らによって再興。江戸時代には、浪人の身となった大石内蔵助が、親族の縁を頼って檀家となり寺請証文を受けた。

来迎院の主な見所

来迎院の荒神堂

荒神堂

安産の神として信仰される荒神

石段の上に建つ三宝大荒神像(重文)を祀る堂(内部非公開)。空海が唐で感得したと伝わり、日本最古の荒神像とされている。本来台所の神とされる三宝荒神だが、来迎院では「胞衣荒神」の別名があり、古くは皇后宮の安産祈願所として信仰され、現在も安産祈願の参拝者が訪れている。また、泉山七福神巡りの布袋尊も祀っている。

来迎院の祈願の御石

祈願の御石

弘法大師が願いを叶える

願い事を書いた石を納めると、それが叶うとされている。手順は、石に願い事を書き、それを持って隣にある弘法大師像の周りを3回周り、前にある石碑の梵字に石を当て、祈念して納める。

来迎院

来迎院の独鈷水

独鈷水

病気平癒の伝承が残る霊水

空海が、独鈷という仏具で掘り当てたと伝わる井戸。縦穴ではなく洞窟のような横井戸になっており、柄の長い柄杓で汲み上げて飲むことができる。伝承によると『霊元天皇に仕えた女官の娘は生まれつき目が不自由だったが、独鈷水で目を洗うとよいという霊告を受けて従ったところ、たちまち目が治った』とあり、病気平癒を祈願して水を飲みに来る人も多い。ただし、時期によっては水が枯れていることもある。

来迎院

来迎院の含翠軒

含翠軒

大石内蔵助ゆかりの茶室

池泉回遊式庭園の含翠庭にある茶室。名水・独鈷水が湧き出ることから大石内蔵助が建立したもので、ここで元赤穂藩の家臣達と討ち入りの密談をしたと伝わっている。現在の建物は大正時代に再建されたものだが、大石内蔵助筆の「含翠」の扁額が掲げられている。内部は入れないが、戸が開放されているため中を見ることができる。また、非公開だが討ち入り成就を祈願した念持仏や、茶釜などの遺品も残されている。

来迎院の季節の花の見頃

11月下旬~12月上旬

来迎院の紅葉

紅葉

境内全体で赤・黄・橙が混ざり合った鮮やかな紅葉が見られ、終盤は散り紅葉が地面を覆う。周辺の喧噪から離れて静かに楽しめるのも魅力。

Photo by 京都フリー写真素材

来迎院の紅葉の最新ツイート(見頃の参考情報)

2021/11/28 16:41

@akatsuki6643

次は三千院門跡(天台宗)です。 紅葉の見頃は終わりましたが楽しいひと時でした。 あと近くには来迎院、音無しの滝がありますが次の機会に行きたいと思います。 このあと曼殊院門跡に移動します。 曼殊院門跡ライトアップは今年で最後だそう… https://t.co/hz721crZSF(詳細

2021/11/28 10:39

@miyazaki_manba

京都で有名な社寺の紹介もしちょくじ 【永観堂①】 永観堂(えいかんどう)と書いたっちゃけどこれは通称で正式には正式名称は「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」 永観堂という通称は七代住職永観(ようかん)と本尊の阿弥陀如来とのエピソードからきちょっじ。 紅葉の永観堂とも言われ紅葉の名所。(詳細

2021/11/28 07:17

@aoya3

京都ぶらり女の1人旅 京都 紅葉今がみごろ 泉涌寺 来迎院(らいごういん) https://t.co/8pkhzCrorF https://t.co/zeAKEWe1mM(詳細

2021/11/27 09:09

@miyazaki_manba

京都で有名な社寺の紹介もしちょくじ 【永観堂①】 永観堂(えいかんどう)と書いたっちゃけどこれは通称で正式には正式名称は「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」 永観堂という通称は七代住職永観(ようかん)と本尊の阿弥陀如来とのエピソードからきちょっじ。 紅葉の永観堂とも言われ紅葉の名所。(詳細

2021/11/26 23:43

@8t7zrNIH0uEKZTG

泉涌寺塔頭の来迎院に大石内蔵助がしばらくの間居候しており、内蔵助が建てたといわれる茶室「含翠軒」と含翠茶庭があります。受付で頼めば客殿でそのお庭を眺めながら抹茶をいただけ、庭の中もぐるっと回れます。訪ねたのは11月初旬だったので、… https://t.co/NtwAkjvzgY(詳細

2021/11/25 00:39

@miyazaki_manba

京都で有名な社寺の紹介もしちょくじ 【永観堂①】 永観堂(えいかんどう)と書いたっちゃけどこれは通称で正式には正式名称は「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」 永観堂という通称は七代住職永観(ようかん)と本尊の阿弥陀如来とのエピソードからきちょっじ。 紅葉の永観堂とも言われ紅葉の名所。(詳細

2021/11/24 19:00

@waiai7

京都大原の来迎院(らいごういん)。 (2021.11.20撮影) #紅葉 #京都 #大原 #来迎院 #京都バス #京阪電車 #もみじ #写真 #EOS #R5 #Canon #ファインダー越しの私の世界 #黄 #赤 #緑… https://t.co/2tzkHlsAb9(詳細

2021/11/24 14:39

@miyazaki_manba

京都で有名な社寺の紹介もしちょくじ 【永観堂①】 永観堂(えいかんどう)と書いたっちゃけどこれは通称で正式には正式名称は「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」 永観堂という通称は七代住職永観(ようかん)と本尊の阿弥陀如来とのエピソードからきちょっじ。 紅葉の永観堂とも言われ紅葉の名所。(詳細

2021/11/23 21:26

@ciurlionis

京都旅行4日目11/23(火㊗️) ①三千院 苔庭 700円 ②③勝林院と宝泉院1,000円抹茶と和菓子付 激混み。紅葉がほぼ終わっていた ④来迎院 本尊阿弥陀如来運慶 500円 (音無しの滝) 1時間移動 ⑤三十三間堂 国宝が前… https://t.co/hg55G0it4m(詳細

2021/11/23 07:39

@miyazaki_manba

京都で有名な社寺の紹介もしちょくじ 【永観堂①】 永観堂(えいかんどう)と書いたっちゃけどこれは通称で正式には正式名称は「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」 永観堂という通称は七代住職永観(ようかん)と本尊の阿弥陀如来とのエピソードからきちょっじ。 紅葉の永観堂とも言われ紅葉の名所。(詳細

来迎院のピックアップポイント

抹茶

静寂の中で味わう風流なひととき

客殿で含翠庭を眺めながら抹茶と茶菓子を楽しめる。紅葉シーズンは含翠庭が鮮やかに染まり、ゆっくりと鑑賞できる。茶菓子は大石内蔵助の家紋を象った落雁

料金:400円(含翠庭入場者のみ)

来迎院の抹茶

Photo by 来迎院

来迎院の基本情報

アクセスJR奈良線「東福寺駅」から徒歩15分
京阪電気鉄道本線「東福寺駅」から徒歩15分
住所〒605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町33
地図 大きな地図を見る  周辺のスポットを探す
電話番号075-561-8813
定休日▼ 無休
拝観時間9:00~17:00
拝観料【境内】無料
【含翠庭・含翠軒】大人300円、高校生以下200円
所要時間(目安)20分程度
クレジットカード
駐車場あり(5台 ※無料)
ホームページ来迎院公式HP
来迎院(Wikipedia)
備考

アクアディーナ公式アプリ

京都観光地図アプリ

京都観光地図

現在地周辺の観光スポットやグルメ、お土産を検索できる地図アプリ

伏見稲荷・東福寺周辺のスポットランキング

伏見稲荷大社

1位:伏見稲荷大社

お寺・神社

東福寺

2位:東福寺

お寺・神社、庭園

雲龍院

3位:雲龍院

お寺・神社、庭園、体験

勝林寺

4位:勝林寺

お寺・神社、体験

祢ざめ家

5位:祢ざめ家

寿司、蕎麦・うどん、うなぎ、焼鳥、親子丼

旅行関連サイト

来迎院の周辺スポット

今熊野観音寺

今熊野観音寺

伏見稲荷・東福寺周辺 / お寺・神社

善能寺

善能寺

伏見稲荷・東福寺周辺 / お寺・神社,庭園

泉涌寺

泉涌寺

伏見稲荷・東福寺周辺 / お寺・神社,庭園

雲龍院

雲龍院

伏見稲荷・東福寺周辺 / お寺・神社,庭園,体験