Photo by 京都フリー写真素材

岩屋寺

いわやじ

岩屋寺

(醍醐)

大石内蔵助が隠れ住んだゆかりの地

岩屋寺は、忠臣蔵で有名な大石内蔵助ゆかりの寺院。内蔵助が仇討ちのために江戸へ立つまで隠棲した地として知られ、大石寺とも呼ばれている。本尊・大聖不動明王像は内蔵助の念持仏だったと伝わっており、内蔵助の遺品や遺髪塚、邸宅の廃材で建てた茶室・可笑庵、お手植えの梅など、ゆかりのものが数多く残されている。境内は静寂に包まれた落ち着いた雰囲気で、春は見事なシダレザクラ、秋は風情ある紅葉が楽しめる穴場でもある。毎年12月14日に行われる「山科義士まつり」も有名。

岩屋寺の主な見所

岩屋寺の本堂

本堂

大石内蔵助ゆかりの品々

本尊の大聖不動明王像を祀る堂。本尊は円珍の作とされる秘仏で、大石内蔵助念持仏だったと伝わる。また、木像堂には、浅野内匠頭位牌や四十七士の木像・位牌、内蔵助の遺品などが安置されている。他にも、内蔵助の遺髪塚や邸宅址、邸宅の廃材で建てた茶室・可笑庵、討ち入りに使用された槍など、内蔵助に関する様々なものがある。

岩屋寺の季節の花の見頃

3月中旬~3月下旬

岩屋寺の梅

茶室・可笑庵の前にある老梅が華やかに咲き誇り、春の訪れを告げる。この梅の木は、大石内蔵助のお手植えと伝わっている。

3月下旬~4月上旬

岩屋寺の桜

高台にある大石内蔵助邸宅跡で、大きく枝を広げる立派なシダレザクラが咲き誇る。山科の街や遠くの山々も一望でき、ベンチに座りながらのんびりと楽しめる。

11月下旬~12月上旬

岩屋寺の紅葉

紅葉

参道ではモミジやイチョウが鮮やかに色づき、イチョウの落葉も風情がある。人が少なく、静かに楽しめる隠れスポット。

岩屋寺の桜の最新ツイート(見頃の参考情報)

2017/03/30 07:43

@sygyq729

ヲトーサンは醍醐にある事務所に寄る前に→大石神社の大石岩屋寺の枝垂→醍醐寺と巡ってしまった。(詳細

2017/03/29 14:32

@goshokoichiro

毎年四月の第一日曜日には「さくら祭」が催され、満開の大石の下、お茶席などがもうけられ、陽春の日差しの中で一日が流れていく。醍醐のに行かれるなら、隣の岩屋寺とともに立ち寄らない手はない。 ☆★☆★ 大石神社 さくら祭り... https://t.co/JT9EzkaKMX(詳細

2017/03/23 09:35

@minamichita_tw

みなさんおはようございます(^-^)今朝の気温は10℃、天気は曇りだよ。南知多町内のお花見スポット紹介シリーズ!2箇所目は「公園」だよ。岩屋寺のほうは歩きながら見てまわるのに対し、こちらは腰を落ち着かせてじっくり見るのに適してい… https://t.co/PVn9D7aP8R(詳細

岩屋寺のピックアップポイント

山科義士まつり

赤穂四十七士を山科の人々が偲ぶ

赤穂義士が討ち入りをした12月14日に行われる祭り。毘沙門堂から岩屋寺、大石神社へと、討ち入り装束に身を固めた義士隊の行列が山科の街を練り歩く。道中では「刃傷松の廊下」や「切腹」、「連判状改め」などの討ち入りの様子を再現した芝居も行われ、境内では大石内蔵助大石主税瑤泉院らが代表礼拝をする。

日時:毎年12月14日 10:00~15:00
詳細:公式HP

岩屋寺の山科義士まつり

岩屋寺の基本情報

アクセス京都市営地下鉄東西線「椥辻駅」から京阪バス「17系統」乗車約4分、「大石神社」下車徒歩8分
住所〒607-8308 京都府京都市山科区西野山桜ノ馬場町96
地図
大きな地図を見る  周辺のスポットを探す
電話番号075-581-4052
定休日▼ 無休
拝観時間9:00~16:30
拝観料【境内】無料
【本堂・木像堂】400円
所要時間(目安)20分程度
クレジットカード
駐車場あり(5台 ※無料)
ホームページ
備考

アクアディーナ公式アプリ

京都観光地図アプリ

京都観光地図

現在地周辺の観光スポットやグルメ、お土産を検索できる地図アプリ

醍醐のスポットランキング

醍醐寺

1位:醍醐寺

お寺・神社、史跡・旧跡、庭園

勧修寺

2位:勧修寺

お寺・神社、庭園

隨心院

3位:隨心院

お寺・神社、史跡・旧跡、庭園、体験

鰻屋すみで

4位:鰻屋すみで

うなぎ、弁当

毘沙門堂

5位:毘沙門堂

お寺・神社、庭園

旅行関連サイト

岩屋寺の周辺スポット

大石神社

大石神社

醍醐 / お寺・神社

折上稲荷神社

折上稲荷神社

醍醐 / お寺・神社

花山稲荷神社

花山稲荷神社

醍醐 / お寺・神社

カトレア 新十条店

カトレア 新十条店

醍醐 / 喫茶・カフェ,洋菓子